検索
  • Yusuke N.

シベリアジュリン、ルリビタキなど / Pallas's Reed Bunting, Red Flanked Bluetail, etc.

顔の周りが黒く、夏羽になりかけているシベリアジュリン♂。

シベリアジュリン / Pallas's Reed Bunting
シベリアジュリン / Pallas's Reed Bunting

この日の写真ではないが、同じような場所にいるオオジュリンはこんな感じ。シベリアジュリンの上嘴は直線的で、下嘴が肉色なのに対し、オオジュリンは嘴に膨らみがあってぷくっとした口元に見える。上下の嘴の色に違いはない。

オオジュリン / Common Reed Bunting
オオジュリン / Common Reed Bunting

すごく人馴れして撮りやすかったルリビタキ♂。みんなこうならいいのに。

ルリビタキ / Red Flanked Bluetail
ルリビタキ / Red Flanked Bluetail

ただし背中の青はかなりくすんでいる。きれいな青色が出るのに3年はかかると言われているので、まだ若造ということらしい。

ルリビタキ / Red Flanked Bluetail

こちらは安定のジョウビタキ♂。毛並みが良くて美しい。

まだまだ三分咲きくらいの梅の木で。

ジョウビタキ / Daurian Redstart
ジョウビタキ / Daurian Redstart

ジョウビタキ / Daurian Redstart

公園の池にいるダイサギ。人馴れしすぎているのか、三つくらいのちびっ子が目の前で大声を出しても全く動じることなく餌を探している。

こんな個体ばかりなら撮影も楽なのに…と思うが、実際にフィールドで出会うことはない。もし郊外に出たとして、いきなり人を恐れ始めるとも考えにくい。ということは彼らの行動半径というのは、市街地に限定されていてかなり狭いのではないだろうか。

市街地に住むようになった野鳥が人慣れするのか、もともと人を気にしない性格を持った個体が市街地を住処に選ぶのか、どっちなんだろう。

ダイサギ / Great Egret
ダイサギ / Great Egret

ちょっと珍しい、下半身アップ。


0件のコメント

最新記事

すべて表示