• Yusuke N.

桜とヤギとツーリング / Cherry Blossoms, Goat, and Touring

更新日:7月24日

野鳥に注力し始めたこともあって、ツーリングらしいツーリングに行くこともめっきり減った。第一に、同じ場所に長く住んでいると、ひととおり走り尽くしてしまって新鮮味がない。第二には、バイクにもある程度の機材を積めるようにはしているものの、やはりその点では車の利便性に負けてしまうところなんかが理由である。


それでもたまにバイクを操る爽快感は代えがたく、細々と維持している。

時にはその機動性で辺鄙な場所にも入っていけるので、実用性もないわけではない。


ちなみに保有しているのはヤマハMT-07だ。ロードバイクだが、装備重量184kgと素晴らしく軽いので、多少の悪路なら気兼ねなく入っていける。この軽さと700ccツインエンジンが絶妙の組み合わせで、走りは十分にエキサイティングだと思う。1000cc超の大型ネイキッドと比べて優に大人の男性一人分ほど重量が違うわけで、軽さは正義!と言わざるを得ない。

でも実はこの近未来的というか、機能と関係ないようなギミック的なものが付いていたりするデザインがそこまで好きではなく、道具としては最高!なのだが、何となく愛着が沸き上がってこないということも告白しておかなければならない。だからあまりツーリング行かないのかな…


ヤマハMT-07と井川の一本桜

今回はシーズンだし少しは桜ぐらい見に行こうということで、①地域の桜の名所であること、②行ったことがないこと、③ツーリングとして走って楽しいところ、という条件で探してみた。


引っかかったのは、島根県浜田市の三隅町にある、「大平桜」「井川の一本桜」である。

グーグルマップにはまだ満開の桜が投稿されていたので目的地に決定。


トップケースは重量バランスが悪いので嫌い。絶対サイドパニア派。

津和野からほど近い場所にある青野山駅のあたりが何となく気になり寄り道。ひなびた感じが非常によい。


鉄道写真には大して興味はないが、今回のテーマの桜があるので撮影。正面から列車と一緒に撮れればなかなかいい絵になるのでは?と思ったが、そこまでしない。

青野駅ホーム
もっと奥まで行けば正面からホームを撮れるが、ここで列車がくると気まずい

更に寄り道。寄り道してこそツーリング。

山道の奥に何やら怪しい小屋を発見。バイクの音に気付いたのか、中からヤギたちが出てきた。

ヤギの家族
ヤギさんファミリーがお出迎え

しかも子ヤギがいっぱい。かわいい。

ヤギの家族
ツヤツヤの子ヤギたち。こんなにかわいいとは知らんかった。

ヤギの家族
全然こわがりません

さて、本来の目的地なのだが、これが大平桜。

葉桜になった大平桜
見る影もない

…葉桜でした。

どうやら、グーグルマップの満開の夜桜は、撮影日はもっと前で、投稿されたのが昨日だったらしい。もうちょっと入念に確認すればよかった。

でも桜の木は大変立派でした。


気を取り直して、次の望みを託して井川の一本桜へ。比較的近いのでそれほど時間はかからない。


井川の一本桜
井川の一本桜

こちらは期待通りの満開。思ったより良い感じの佇まいだ。

正午であまり良い光ではないが、頑張って撮影してみる。大きな桜の脇に波打つ小道があって、そそられる組み合わせなのだが、実は近くに電線があってその処理が難しい(上写真右側)。


井川の一本桜
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

いろいろと試行錯誤して撮影した二枚。


井川の一本桜
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR



*** よかったらギャラリーページもご覧ください ***


Gallery - Birds 山口県、九州の身近な野鳥を中心に。


Gallery - Nature 野鳥以外の風景、生き物など。


0件のコメント

最新記事

すべて表示